角煮で食べる杜仲豚
角煮で食べる杜仲豚 角煮のレシピ 角煮の由来 バラ肉レシピ
杜仲豚のこと 書籍の紹介 お問い合わせ
角煮で食べる杜仲豚
メニュー
当社について
当社について

 書籍の紹介

お取り寄せ 極うま

みやちゃんの一度は食べたい極うまお取り寄せ (竹内 都子)

テレビ番組の人気コーナー<宿かり日記>にてリポーターとして全国を旅し続けて10年。日本各地の本当に「旨いもの」を食べ尽くしてきた「みやちゃん」こと竹内都子さんが、紹介しています。

杜仲豚の角煮についても、臭みが少なく、柔らかいと絶賛しています。


 お客様の声

■秋田市 米本かおり様より

   

■レストラン「崎さん家」オーナーより


秋田県大仙市にあるレストラン「崎さん家」のオーナーは、こう語ってくれます。「帰省や出張などでいらしてくださった首都圏のお客様にも、喜ばれています。柔らかいし、臭みもなく、とても食べやすい豚肉だと好評です。ヒレカツ定食も、オススメです。当店で食べていただければ一番嬉しいのですが(笑)、杜仲豚を一度お試しください。」

秋田県大仙市北長野字茶畑28-1
TEL (0187)52-6030
FAX (0187)52-6031



■横手市 松塚様より

木曜日に、お肉が届いたので、土曜日の夜まで、冷蔵庫で待たせて、調理して食べました。うまく出来て、おいしかったです。 正直、幼い頃から、豚肉の嫌いな人間でしたが、だまされたと思って、この杜仲豚を食べてみたのが、中仙町の「崎さん家」のヒレカツ定食でした。豚肉くさくないのが、やっぱり、気に入りました。それから、すっかりファンになり、しゃぶしゃぶ肉を買って食べたりしているうちに、角煮に挑戦してみた次第です。これからも、何かと食べたくなる肉です。(04/08/30)

■羽後町 阿部様より

昨日届いて、早速、つくってしまいました。待ち時間は長かったのですが、けっこうカンタンに出来たと思います。味は、脂身にも味が染みこみ、しっかりした食感とおいしさがありました。(04/07/20)

■十文字町 皆川様より

沖縄に2年ほど住んでいた時には、いつも、豚料理があったという記憶があります。ある時、「てびち」というものを食べさせられて、あの脂身がとろけるような食感が、思い出となりました。秋田に帰ってきてからも、そんな肉料理に出会えないものか、といろいろと探していましたが、なかなか…。そんな時に、知人から紹介されて、この「杜仲豚」のバラ肉を買いました。ホームページに紹介されているレシピどおりに作りました。私は男ですが、時間はかかるものの、それほどの手間をかけることなく、出来上がりを見ることが出来ました。そして、食感も、とろけ具合も、口の中で肉が崩れる具合も、あの時を思い出させてくれるものでした。(04/06/25)

■大曲市 田口様より

ハンバーグ、早速、食べさせてもらいました。柔らかく、大人には、ちょっと物足りない感じもしましたが、子供たちが、喜んで食べてくれたので、よかったです。ジューシーだけど、スッキリしたハンバーグでした。(04/06/11)


 テレビドラマにも登場する角煮

おそらく、ドラマや映画のワンポイントとして、東波肉(トンポウロウ)や豚の角煮などが登場したことが幾度となくあったことでしょう。その中で、とても印象深く残っているドラマがあります。NHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」、2001/10〜2002/3月放送です。

ヒロインの木葉(このは)は、和歌山県熊野地方の奥深い山の中で生まれます。父親譲りの天性の味覚に恵まれ、料理人の道を選び、失敗と挫折を繰り返しながらも、さまざまな修行を通して成長していくストーリーでした。そこで、1つのポイントとして、東坡肉(トンポウロウ)が登場しました。


父親が体調を崩してしまい、せっかく繁盛しかけてきたお店が、また苦しくなってきた頃、一組の老夫婦が客として入ってきます。その夫婦の様子はどこか普通でなかった。妻が夫の世話を焼き、夫ははどんな料理もボーっと口に運ぶだけ。ところが、東坡肉(トンポウロウ)を口にしたとき、突然、夫がしゃべり出した。

「これは……うまい!」

妻はポロポロと涙をこぼした。実は、夫は痴呆症にかかり、記憶をなくし始めていたのだという。それが、木葉の父親が作った東波肉(トンポウロウ)で、夫婦が中国を旅したときに食べた味を思い出したのである。


料理の力を感じさせるシーンです。父親が亡くなった後、その夫婦はまた訪れ、ヒロインの味にも満足して帰ります。そして、祖父を満足させた料理を作る料理人のもとで働きたいと、その孫が弟子として加わっていくというポイントとなる料理が、その東坡肉(トンポウロウ)でした。皆様にも、思い出になるくらいの角煮や豚料理をお楽しみいただけたら、と思います。


 楽天市場の類似商品


千秋ミート 〒010-1633 秋田市新屋鳥木町1-63
電話(018)828-8011 » お問い合わせ
 

Copyright (C) 2004-2011 Sensyu-meat Co,. Ltd. All rights reserved.
Produced by Minakawa Outsourcing Co,. Ltd.