2011 年 2 月 のアーカイブ

わからないと言えること

2011 年 2 月 10 日 木曜日

新人にとって、
「わからないこと」を
わからないと言うのは、
勇気のいることかもしれない。

もしかして、
わからないのではなく、
「忘れた」のかもしれない場合もあるから。

忘れた場合には、
ちょっと痛いことになる。

「何度言えば、わかるんだ!?」

という具合だ。

もちろん、初回の「忘れた」は、
ゆるされるだろう。

しかし、
2回目、3回目あたりから、
そうはいかなくなる。

そこでは、
「わからない」のか、
「忘れた」のか、
重要な判断が待っている。

忘れやすいなら、
しっかり、メモをとる。

メモをとった内容がわからないなら、
その時点で、「わからない」とちゃんと伝える。

もしくは、調べて、
自力でわかろうという気持ちがあるなら、
忘れないうちに、しっかり調べる。

ただし、調べることを先延ばしして、
そのうち、調べることを「忘れた」
ということにならないようにすること。

大事です。