Facebook成功法

Facebookを使いこなせば、なにかいいことある。
使いこなさなくても、別になんでもない。

そんな考え方で、Facebookに近づいてみては、どうだろうか。

Amazonでは販売していないようだが、
図書館で見つけた以下の書籍を読んでみた。

Facebook成功法、中野博 (東洋経済新報社)

以下に、考えさせられた言葉を引用。

現代に生きるほとんどの人は、膨大な情報のシャワーを受けています。そのため、私たちの欲求は、必然的に情報の量ではなく質、つまり「最も信頼できる情報は何か?」「誰から得られる情報なのか?」といったものに集約されていきます。

知識やノウハウ、情報は、相手の頭の中にあるもので、その文章化されていない情報を引き出すには、本人に聞くしかありません。その人の思いやひらめき、あるいは熟練度、ノウハウなど、頭の中に入っている知識が暗黙知です。これを取り出すことはグーグルにもできません。

Facebookで理想を描くときに大切なことは、それが実現可能かどうかよりも、心に描いた時にワクワクするかどうかです。一見、できそうにないことでも、ワクワクすることができれば、理想に向かって進んでいく勇気が湧いてきます。

そもそも理想とは存在するものではなく、追い求め続けるもの。

(引用終わり)

この本自体は、面白かったが、なぜ、Amazonで販売していないのか。
東洋経済新報社のデータベースにも存在しない。なぜ?

Facebook成功法、中野博 (東洋経済新報社) のリンクは、
紀伊国屋書店へのものだが、これも、早々に、削除されるのか。

なんだろう?
この人は、抹消されちゃったんだろうか?

そっちの方が、かなり不思議だ。

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、shuが2012年10月 2日 20:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行動心理」です。

次のブログ記事は「探すか、探してもらうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ