2011年5月アーカイブ

マスコミと、ソーシャル・メディア

| twitter | twitter
3月11日に、
東日本大震災があって、
なんとなく、
マスコミの報道には、
「作為」があるかもな、
っていうのが、

いろんな人々に
分かってきたんじゃないだろうか、
って考えます。

そういうことを、
これまでもちゃんと認識していた人は
いたでしょうが、きっと、
限定された人々だったんでしょう。

しかし、いまは、
そうじゃない。

マスコミが報道しない部分があり、
それは「なぜか?」ということも分かる。

逆に、ブログでも、
ツイッターやファイスブックでも、
ソーシャル・メディアから

一個人が発信してくれる部分があり、
そこにも「なぜか?」ということも分かります。

マスコミは、
「なんだ、これは?」と
大衆の目を引きつけられたらいい。

ソーシャル・メディアは、
マスコミがとりあげなかった部分を
とりあげることで、
「そんなこともあるのか?」と、
大衆でなくても、人々の目を
引きつけられたらいいのです。

だから、
どちらがいいとか、
どちらが悪いか、
という判断でなく、

役割が違うと思えばいいのです。

そして、その役割や使命に応じて、
人々の役に立つ、成功する面もあれば、
好奇心を満たすだけで、失敗する面もある。

そこにおいて、ビジネス、広告として、
ソーシャル・メディアを使おうとして、
路線がずれてしまう企業も、
たくさんあるんだろうと想像できます。

ソーシャル・メディアなのに、
たいしたネタもない広告発信源に
なりさがっているものもあるからです。

どんな、ソーシャル・メディアを目指すか、
そこがポイントだと思います。

ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本 By ふくりゅう, 山口哲一

>> ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

最近のブログ記事

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ