2011年1月アーカイブ

Facebook と mixi

| twitter | twitter
週刊ダイヤモンド「フェイスブックの旅」を
早速購入して、読みました、読みました。

なんとなく、可能性は分かったものの、

どうなんだろう...? という気持ちもなくもない。

これらを活用して、這い上がってくる会社も、
あるかもしれない。

けれど、うまく使えないところは、
かなり多いだろう、という気がしました。

ポイントは、ファンページ、という存在です。

Facebookの機能に、
自分たちのページ、コミュニティページを
設けられるのですが、
それに人が集まれば、効果あるだろうけど、
それが出来なければ、

自社サイトのほかに、管理するものが一つ増えて、
もしかしたら、手間が増えるだけ、になることも。

ホームページ、メルマガ、
ブログ、RSS、mixi、
ツイッター、Facebook、
といろいろとチャンネルは増えるけれど、
全体のポリシーのなかで、
うまく連携して使いこなせなければ、何の意味もない。

それが感じた結論です。

>> Facebookをビジネスに使う本

次は、Facebook

| twitter | twitter
週刊ダイヤモンド Facebook
またまた、いいタイミングの週刊 ダイヤモンドです。
やっぱり、これしかないでしょ、今なら。
>> 2011年 1/29号 フェイスブックの旅

そういえば、去年も、この1月末ころに、ツイッターの特集でした。
2010年1月23日号ってあります。>> 2010年 1/23号 ツイッターの旅

すごいですね。週刊ダイヤモンドのタイムリーさ。
ただ、読者ターゲットにヒットしているだけってことでしょうか。

来年2012年1月末には、なんの旅になってんでしょう?
世の中の進歩からいえば、今、もうその兆しとか何かあって、
予測できる人には、予測できるでしょう。

英語&中国語

| twitter | twitter
言葉力といったら、
やっぱり、言語力も
考えないといけないなって
ことになります。

日本語以外の、
言語力。

せっかく学校で学んだから、
やっぱり、英語は上達させたい。

あと、これからの時代には、
中国語も必要だな、とか考え始める。

英語&中国語。
いつも思っていることだけれど、
なかなか上達しない。

そんなときに、タイムリーなのが、
やっぱり、週刊ダイヤモンド。

週刊ダイヤモンド 英語&中国語 週刊 ダイヤモンド 2011年 1/8号

ちゃんと、行くべき方向を
示してくれますね。

ただ、みんながみんな、
そっちの方向だけに行くと、
英語&中国語を扱えることが
特別じゃなくなってしまう。

けれど、実際は、
挫折する人がかなり多いでしょうから、
とにかく、がんばる人が勝てるでしょう。

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

最近のブログ記事

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ