2008年10月アーカイブ

ご心配

| twitter | twitter
福島県でお金の使い方がまずかったらしく、 知事がこんなコメントを発表した。 「適正を欠くところがあった。 ご心配を掛け、県民におわび申し上げる」 ご心配をかけ? 謝罪の言葉を述べる、 というのは、かくも、 大きな決断を必要とするのか、 という気がする。 他人が自分に対して、 何か悪いことをしたようだ、 という時には、心配などするわけがない。 必ず、不快な気持ちになることだろうと思う。 だから、正確には、 「ご不快な思いをさせて」 というのが正解に思える。 もちろん、プライドの高い人だとすれば、 まったく不快な思いなどしていないよ、 と体裁を保った言い方をするかもしれない。 いずれにしろ、謝ることのポイントがズレると、 謝ったことにはならないかもしれない。 それをねらっている確信犯もいるだろうが、 むずかしいものである。言葉とは…

自分の肩書き

| twitter | twitter
自分をどう呼ぶか、 自分でそれをどう認識しているか、 っていうのは、けっこう大切だと思います。 それが、何か仕事をするときの モチベーションにも関係してくるから… 昨晩、NHKで、B'zの特集番組をやっていました。 その中で、ボーカルの稲葉さんに インタビューがあって、 「ご自身では、自分のことを、 アーティストだと思っていらっしゃいますか? ミュージシャンだと思っていらっしゃいますか?」 という質問があった。 答えは、 「アーティストだとも、 ミュージシャンだとも思ったことはない。 僕は、B'zのシンガーだ。」 みんなに認められるような肩書き、 みんなに知られている通用するような肩書きに、 こだわる必要はなく、自分のモチベーションに 火がつくような肩書きの方が、 自分の仕事に責任がもてる。 そんな気がしました。 私が4月頃から自分につけた肩書きは、 「言葉力仕事人」。 ことばちから仕事人、と呼んでもいいし、 ことばりょく仕事人、と呼んでもいいと思っている。 いずれにしろ、そう付けたことで、 自分の中の何かが動いたのは事実。 自分がつける、自分の肩書き、 っていうのは、面白いものです。

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

最近のブログ記事

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2008年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年9月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ