倖田來未「羊水」発言効果

物議を醸した歌手の倖田來未(25)の ニューアルバム「Kingdom」が、 11日付オリコンアルバムチャートで 初登場1位に輝いたとのこと。 倖田さん本人は、羊水発言で 同アルバムのプロモーション活動を自粛し、 自宅謹慎しているということが ニュースで流れている。 これがポイントだ。 「自粛」「自宅謹慎」が、 十分なニュースとなって、 PR効果をもたらしているじゃないですか。 もちろん、「羊水」発言は、 ミスだったろうと思います。 しかし、下手に、 堂々とした態度で登場して、 叩かれてつぶされるよりも、 きっと、本人としては初の「自宅謹慎」 というニュースになるような行動で、 マスコミが勝手にPRしてくれていることになる。 ネタ、ということを考えれば、 失敗もうまく利用することができるんですね。 偽装とかの、悪意ある行動は、 かなり難しいでしょうけど、 ちょっと調子に乗って言い過ぎた発言なんかは、 スピーディにちゃんと謝罪すれば、 受け入れてもらえる。逆に、いい効果にも。 一昨年あたり、ナショナルが、 欠陥ヒーターの告知CMをバンバン流したら、 売上アップしたなんて話を聞きました。 人間に、失敗やミスはつきものです。 要は、その後の対応で、印象が変わる。 そういう私も、気をつけないといけませんね。

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、shuが2008年2月 5日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SEO対策の料金」です。

次のブログ記事は「AIDMA」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ