2006年9月アーカイブ

情報商材は適正価格か?

| twitter | twitter
ある程度、アクセスのあるサイトやメルマガを 運営していると、 「情報商材を売ってもらえませんか?  販売価格の50%を還元しますので…」 みたいなメールが多く入ってきます。 販売価格は、ほとんどが、 10,000円を超える。 ひどいものは、30,000円以上… 売れたら、5,000円、 もしくは10,000円以上が 手元に入る計算だ。 しかし、ホントにそれだけの価値あるものを 紹介することになるか、という点を考えれば、 まさしく「悪徳商法」としか思えない。 (質問への答え) 情報商材は、価値あるものだから 売れているのではない。 そのビジネスそのものに「あおり性」があるから、 初心者的な同類が集まって、あおられた感情で、 衝動で買っているもの。だまされちゃいけない。同じようなコンテンツの書籍が、 書店では、1,500円ほどで売っている。

このサイトについて

▼Webプロデュース部門
All About Japanおすすめサイト
▼ビジネス・キャリア部門 No.1
All About Japanチャネル賞

RSS

Powered by Movable Type 5.2.12

最近のブログ記事

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2006年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

» トップページ